ログイン
米国株
2022年9月23日 6時30分
特集

【今週読まれた記事】変貌する市場で噴火を待つ! 個別株戦略に活路あり

株探でその週によく読まれた記事を紹介する【今週読まれた記事】のコーナー、今週は9月17日から22日までの株探へのアクセス状況を元に人気の記事をご紹介します。

今週の日本株市場は祝日に挟まれ、3営業日のみの取引。ただ、その間に米国でFOMCが開催され、短くも慌ただしい週となりました。日経平均株価は前週末比413円安の2万7153円、一時は約2ヵ月ぶりに2万7000円を割り込む場面も見られました。

現環境について、円安や経済再開期待などを推し量った上で「下値は2万7000円ラインがとりあえず抵抗ラインとなりそうだ。仮にここを下回る場面はイレギュラーと判断し、買い向かって報われる」とみるのは、FOMC前の20日に配信した<相場観特集>で見通しを伺った雨宮総研代表の雨宮京子氏。また、「個別株重視の地合いであり、投資家もうまく立ち回れば十分にリターンが見込める相場」と言及。有望銘柄を複数挙げ多くの方に読まれました。

今週、ランキング4位の大人気相場コラム「【杉村富生の短期相場観測】 ─異彩高の銘柄を機敏に攻める!」の杉村氏も「日本市場はどうか。やはり、個別銘柄が集中的に物色されている」と、テーマ性を有する個別株の物色人気が高まっていることを指摘しています。全体相場は米国株安を横目にしばらく神経質な展開が続きそうですが、国内経済は順調なだけに“森より木”の個別株戦略が有効な局面と言えそうです。

そのほか、株探の看板コラム「【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─浮上期待大のインバウンド関連にシフト」が5位となるなど、相場コラムは今週もすべて上位ランキング入りとなっています。<相場観特集>は雨宮氏のほか、フィリップ証券リサーチ部長の笹木和弘氏に日本市場をリードする米国株の見通しを伺いました。

【植木靖男の相場展望】 ─割安な国際優良株に活路

富田隆弥の【CHART CLUB】 「需給もスケジュールも山場越す」

武者陵司「マイナス実質金利の下でのドル高進行」<前編><後編>

今週のアクセスランキング首位を獲得したのは、ウクライナ問題をきっかけに需給が急変し価格が高騰している「LNG(液化天然ガス)」について、背景の丁寧な解説と周辺企業の動向、株価変貌の期待が膨らむ注目銘柄の紹介まで網羅した「炎立つ株高へ、『LNG関連』エネルギー新時代に翔ぶ5銘柄 <株探トップ特集>」となりました。一大注目テーマである「再生可能エネルギー」関連への投資にも、様変わりしつつある世界のエネルギー動向を理解することが必須です。現時点でLNGに関する記事の決定版といえる内容、まだの方はぜひご覧ください。

そのほか投資テーマ関連では、“コロナ禍による新車供給の落ち込み”プラス“円安で海外需要が増加”と、2つの要因で価格が急上昇している「中古車」市場の動向と注目株をリポートした「新車不足+円安で引き合い殺到、『中古車関連』株に強まる追い風 <株探トップ特集>」が上位入り。iPhoneの新作発表でにわかに色めき立つアップル関連株を特集した「『iPhone14』で新章突入へ、『アップル関連株』躍動の秋 <株探トップ特集>」もよく読まれています。

ランキング2位には、大人気となった「利益成長“青天井”銘柄リスト」の総集編「利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 30社選出 <成長株特集>」がランクイン。22年4-6月期に四半期ベースの過去最高益を更新し、かつ今期も最高益を見込む企業から、時価総額2500億円以上の銘柄をリストアップしました。待望の第2弾は25日の19時30分配信予定です。

<成長株特集>では、先週配信した「上方修正“先回り”、23年3月期【業績上振れ】候補〔第2弾〕 <成長株特集>」も多くの方に読み返され上位ランキング入りとなっています。<割安株特集>では「高配当利回りランキング」が今週もトップ10入りしたほか、「10万円以下で買える」シリーズも上位入りとなりました。

【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 9月21日版

10万円以下で買える、財務健全&低PBR 38社【プライム】編 <割安株特集>

10万円以下で買える、財務健全&低PBR 38社【スタンダード】編 <割安株特集>

株探プレミアム専用記事は、今週は2記事を配信。1記事目は野村アセットマネジメント シニア・ストラテジスト 石黒英之さんに聞く株探プレミアム・リポート第1回となる「S&P500は円安で最高値更新、VIX30超えは好機~利上げ・円安相場の攻め方その1」を配信。プレミアム専用記事にもかかわらず堂々のトップ10入りとなりました。

今回のリポートではセミナーや経済メディアなどでお馴染みの石黒英之氏に、インフレ加速による米国の利上げ強化や景気後退懸念が広がる中での投資戦略から、“恐怖指数”と呼ばれる米国のVIX(変動性指数)を活用した投資タイミング、そして円安が日本株投資に与える影響などを幅広い視野で解説していただきました。2ページ目には具体的な投資候補もリストとして掲載。プレミアム非会員の方も1ページ目が無料でご覧いただけます。

また、第2回「半導体関連の反転はいつ~利上げ・円安相場の攻め方その2」を本日10時に配信予定です。お楽しみに。

3月17日から4月3日まで行った「個人投資家大調査-2022」のアンケート結果を分析した「日本株&アメ株で勝つ人~個人投資家4800人の調査で判明!」。今週も株探プレミアム専用記事として、回答者への個別取材を基にした「ケーススタディ」編を配信しました。今回は第32回から登場中の“トビンさん(ハンドルネーム)”のグロース株投資を解説します。

第33回「ボラの高い中小型グロース、『売り買いは腹八分』で勝率UP」では、米金利高や金融政策の転換によりボラティリティ(株価変動率)が高まるグロース株投資で安定したリターンを稼ぐ投資戦略を紹介。波乱相場が続く環境でトビンさんが注目したのは“業績上振れ”と“経営者の手腕”。足元でのトレードを例に、トビンさんの勝因と投資姿勢に迫ります。

株探プレミアムは初回登録時のみ30日間の“無料体験”ができます。まだの方はぜひ無料体験をお試しください。サプライズ決算の“超速報”や過去25年間の業績表示など、決算発表時に真価を発揮する株探プレミアム。詳細は「株探プレミアムのご紹介」ページをご覧ください。皆様のご加入をお待ちしております。

引け後の材料をまとめてチェックできる株探の定番人気記事「【明日の好悪材料】」と「本日の【サプライズ決算】」は、今週もすべてランキング入りする結果となっています。

【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月16日発表分)

【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月20日発表分)

【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月21日発表分)

★本日の【サプライズ決算】速報 (09月16日)

★本日の【サプライズ決算】速報 (09月20日)

★本日の【サプライズ決算】速報 (09月21日)

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 今週の【話題株ダイジェスト】 CANBAS、モリテック、クルーズ (9月20日~22日)
  2. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第2弾 33社選出 <成長株特集> (09/25)
  3. まだ間に合う、9月配当【高利回り】ベスト30「プライム」編 <割安株特集> (09/24)
  4. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (9月22日現在)
  5. 半導体関連の反転はいつ~利上げ・円安相場の攻め方<その2> (09/23)
  6. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─市場崩落にツレ安の中小型・有望株を仕込む! (09/25)
  7. 【杉村富生の短期相場観測】 ─利上げは来年早々に打ち止めか? (09/25)
  8. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】物色はテーマ性ある材料株での値幅取りに (09/24)
  9. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 9月25日版
  10. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米耐久財受注、中国PMI、グロースIPO5社 (09/24)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月3日発表分) 注目
  2. 2
    決算発表シーズン目前! 好決算&増額実績で探る「上方修正予備軍」6銘柄精選 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    明日の株式相場に向けて=欧州に出現したリーマンの亡霊 市況
  4. 4
    田部井美彦氏【日経平均は下げ一服局面へ、戻り足は続くか】(2) <相場観特集> 特集
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):東亜石、三益半導、郵船 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.