ログイン
米国株
2022年11月22日 12時20分
特集

「パワー半導体」が1位、半導体関連株の総蜂起でテーマ性再燃<注目テーマ>

★人気テーマ・ベスト10

1  パワー半導体

2  半導体

3  半導体製造装置

4  2022年のIPO

5  水素

6  インバウンド

7  防衛

8  ゲーム関連

9  円高メリット

10  ディフェンシブ

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「パワー半導体」が1位に輝いている。

ここにきて日米ともに半導体セクターの銘柄を総花的に買い戻す動きが顕在化している。スマートフォンやパソコンの売れ行きが低調でメモリーを中心に半導体の需要減速が懸念されているが、関連銘柄はかなり早い段階から市況の軟化を織り込んでいた。足もとの受注環境は風向きが悪いものの、主力銘柄を中心にヘッジファンドなどの空売りが高水準に入っていたこともあって、そのショートカバーが株価の戻りにつながっている。

一方、同じ半導体の範疇でもメモリーなどの「演算」や「記憶」などの働きをする半導体とは異なり、電子機器へ電力を供給したり制御したりする“力仕事”を担うパワー半導体は引き続き旺盛な需要を保っている。世界がこぞって脱炭素戦略に動きだすなか、モーターの駆動や、蓄電に必要な制御をパワー半導体が行う。電気自動車(EV)向けでも必須のキーデバイスであり、今後の市場は拡大の一途となることが予想される。

パワー半導体関連の最近の大化け銘柄としてはタカトリ<6338>が挙げられる。同社は次世代半導体の有力候補とされるシリコンカーバイド(SiC)材料を切断する装置(マルチワイヤーソー)を製造し、抜群の商品競争力で大型受注が相次いでおり、製品領域は違うものの現在のレーザーテック<6920>を想起させるようなニッチトップ銘柄としてマーケットの視線が集中した。同社株は今月16日に6790円の上場来高値をつけたが、株価は初動時から半年で約5倍化した。このタカトリの急騰パフォーマンスがパワー半導体関連の他の銘柄にも投資資金を誘引する大きな契機ともなっている。

パワー半導体は世界的にも日本企業の強みが発揮される分野で、三菱電機<6503>や東芝<6502>、富士電機<6504>といった大手重電メーカーは世界でも屈指の存在。タカトリで話題となったSiC型ではローム<6963>が高い実績を持っている。このほか、有力関連株としてタムラ製作所<6768>、三社電機製作所<6882>、トレックス・セミコンダクター<6616>、テセック<6337>、シキノハイテック<6614>などが挙げられる。

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. 【杉村富生の短期相場観測】 ─物色の中核は半導体関連セクター! (11/20)
  2. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─衰えぬバフェット氏の"凄み"をTSMC投資に見.. (11/20)
  3. 【パワー半導体】関連の銘柄一覧
  4. 新型コロナ第8波突入へ、「PCR検査」関連株に再び出番到来 <株探トップ特集> (11/21)
  5. 突き抜ける好業績!「中低位材料株スペシャル」騰勢前夜の6銘柄 <株探トップ.. (11/19)
  6. 「サッカーW杯」が19位にランクイン、日本代表の活躍による物色人気に期待<注.. (11/21)
  7. 「洋上風力発電」が21位にランクイン、政府が洋上風力発電の拡大を目指す有志連.. (11/18)
  8. 7-9月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第1弾〕 38社選出 <成長株特集> (11/20)
  9. 田部井美彦氏【2万8000円巡る攻防局面続く、年末に向け相場はどう動くか】.. (11/21)
  10. 主役交代! もう無視できない個人好みの銘柄~中間決算明けの投資戦略 ★第2回 (11/18)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    10万円以下で買える、今期最高益&低PER 19社 【プライム】編 <割安株特集> 特集
  2. 2
    逆風下の成長株を探す! 10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 1月27日版 特集
  3. 3
    No.1---3Qも大幅な増益、期末配当金の増配を発表 材料
  4. 4
    ★本日の【イチオシ決算】 M&A総研、カゴメ、田中化研 (1月27日) 注目
  5. 5
    NYダウの上げ幅が200ドルを超える 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.