ログイン
2018年3月8日 12時11分
特集

<話題の焦点>=AI関連株にうねり、トヨタの大規模開発拠点が刺激材料に

世界的に人工知能(AI)分野の研究開発を加速させる動きが一段と強まっている。世界で先駆するのは米国だが、AI関連企業スタートアップの資金調達額は、昨年に中国が米国を抜いて世界トップになったことが報じられている。日本は現時点で後塵を拝している形だが、第4次産業革命の担い手としてAI分野を最重視しているのは安倍政権も一緒、官民を挙げて、同分野のニュースターを輩出すべく政府の後押しが強まりそうだ。

日本でも量子コンピューター分野に先駆して注力する富士通<6702>や、「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を擁するソフトバンクグループ<9984>がAI分野に早くから注力しているほか、NEC<6701>、日立製作所<6501>といった大手電機メーカーもこれに負けじと布石を打っている。

またIT関連業界だけではない、トヨタ自動車<7203>は直近、AIなど自動運転技術を開発する1000人規模に及ぶ開発拠点の設立を発表するなど本腰を入れており、業界を問わず大手企業を中心にAI分野に経営資源を注ぎ込む企業が増えてきている。

ここにきて、高性能半導体の開発に伴うコンピューターの処理能力が飛躍的に伸びたことや、ビッグデータの普及を背景にマシーンラーニング(機械学習)とディープラーニング(深層学習)の応用が進んでいる。コールセンター向け自動応答ソフトや自動運転分野など活躍の舞台が次第に広がってきた。そうしたなか、株価にうねりを伴ってきた銘柄も徐々に増えている。関連株へのマークが改めて強まりそうだ。

当面の物色対象としては、ブレインパッド<3655>、シグマクシス<6088>、ホットリンク<3680>、ALBERT<3906>、JIG-SAW<3914>、FRONTEO<2158>、フォーカスシステムズ<4662>、日本サード・パーティ<2488>、メンバーズ<2130>、PKSHA Technology<3993>、エスユーエス<6554>などに注目したい。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新日:2018年03月08日 12時40分

関連記事・情報

  1. 量子コンピューター関連に再人気化の機熟す、爆発的な上昇活力<注目テーマ> (03/06)
  2. 上放れ前夜「5G関連株」――本命・対抗、そして穴株 <株探トップ特集> (03/06)
  3. 【AI】関連の銘柄一覧
  4. 「水素ステーション」関連に再注目、燃料電池車の普及を担う新会社発足<注目.. (03/08)
  5. 見え始めた反転上昇相場のリード役、「先高シグナル」点灯候補株 <株探トップ.. (03/07)
  6. 上方修正“先回り”、18年3月期【業績上振れ】候補 〔第2弾〕 <成長株特集> (03/04)
  7. 3月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (03/03)
  8. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 3月7日版
  9. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 来る反発に備えよ! 下値抵抗力で選別 (03/04)
  10. 「円高メリット」への関心高まる、内需関連株に再評価機運<注目テーマ> (03/05)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    天高し、次世代テクノロジー「倍騰株スペシャル厳選5銘柄」<株探トップ特集> 特集
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★福井コン、アルインコ、SEHIなどに注目! 注目
  3. 3
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (10月21日記) 市況
  4. 4
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月18日発表分) 注目
  5. 5
    今週の上方修正【大予想】 18社選出 <成長株特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.