ログイン
2018年11月30日 11時20分
特集

大阪万博決定で「再生医療」関連に改めて関心高まる<注目テーマ>

1 大阪万博

2 キャッシュレス決済

3 カジノ関連

4 人工知能

5 セルフレジ

6 再生医療

7 全固体電池

8 5G

9 サイバーセキュリティ

10 インバウンド

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「再生医療」が6位にランクインしている。

2025年の国際博覧会(万博)の開催地が大阪に決定した。今回の大阪万博のテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」で、健康、医療に関する技術貢献を目指すのが大きな目的の一つとなっている。人工多能性幹細胞(iPS細胞)技術など関西が強みとするライフサイエンス分野を軸に、世界の課題を具体的に解決していく新時代の万博を目指すことになる。大阪万博の開催をきっかけに、日本の得意分野である再生医療の進歩が加速することになりそうだ。

再生医療」は、病気やけがで失われた臓器や組織を再生させる医療のこと。再生医療では、ほとんどの細胞に分化できる可能性を持ち、万能細胞とも呼ばれる胚性幹細胞(ES細胞)が研究の中核を占めてきたが、京都大学の山中伸弥教授らがiPS細胞の生成に成功し、再生医療の世界に革命をもたらした。再生医療は脳損傷や認知症などへの応用も視野に、人体の欠損に対する根本的な治療法として期待が高まっている。iPS細胞やES細胞のほかに、ヒトの骨髄などに由来する「間葉系幹細胞」なども実用化に向けて開発が加速している。

厚生労働省の専門部会は21日、脊髄損傷患者の運動や知覚の機能回復を狙う再生医療製品について、条件付きで製造販売を承認するよう厚労相に答申することを決めた。製品は患者の骨髄液から採取した幹細胞を培養し点滴で戻すもので、年内にも正式承認される。具体的には、ニプロ<8086>が札幌医科大学と共同開発した「脊髄損傷の治療に用いる自己骨髄間葉系幹細胞」(製品名「ステミラック注」)が製造販売を承認される見通し。

最近の動きとしては、エア・ウォーター<4088>と歯愛メディカル<3540>が28日、歯の神経組織を活用した再生医療事業を行うアエラスバイオに共同出資すると発表した。19年3月中に新会社が行う第三者割当増資を歯愛メディカルが引き受ける方法によって、新会社に対するエア・ウォーターの出資比率を70%、歯愛メディカルの出資比率を30%とする。

このほかに、関連銘柄としてはヘリオス<4593>やイナリサーチ<2176>、タカラバイオ<4974>、セルシード<7776>、新日本科学<2395>、リプロセル<4978>、スリー・ディー・マトリックス<7777>、JCRファーマ<4552>、サンバイオ<4592>などに注目したい。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

関連記事・情報

  1. “再生医療”に新展開、ニプロ世界初「脊髄損傷治療」承認が開くトビラ <株探.. (11/28)
  2. 2025年「大阪万博」開催決定! ドリームアイランド夢洲に乗る関連銘柄 (11/24)
  3. 【再生医療】関連の銘柄一覧
  4. 「自動翻訳」が12位にランク、大阪万博決定で需要増の思惑<注目テーマ> (11/29)
  5. 「セルフレジ」が9位にランクイン、消費増税に伴う還元策で脚光<注目テーマ> (11/28)
  6. 「人工知能」の存在感高まる、政府がAIの7原則もとに法整備<注目テーマ> (11/27)
  7. 原油安が止まらない――50ドル割れ目前“WTI”、近づく分水嶺その先 <株探.. (11/29)
  8. 長期不安をかわす「超防御」銘柄の見つけ方 (11/28)
  9. 上方修正“先回り”、19年3月期【業績上振れ】候補 〔第1弾〕 <成長株特集> (11/29)
  10. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 11月28日版

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今週の上方修正【大予想】 26社選出 <成長株特集> 特集
  2. 2
    話題株ピックアップ【昼刊】:新型肺炎関連、カゴメ、三井不 注目
  3. 3
    加速する材料株、好業績&思惑満載の株高メガトレンド「特選5銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    ネットワン---急落、架空取引で主導的な役割担うと伝わる 材料
  5. 5
    日経平均は大幅下落、全面安商状の中、材料株や内需系の一角に短期資金が向かいやすい/ランチタイムコメント 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.