【再生医療】テーマ

テーマについて
銘柄
▽▲
2191(JQ)
2208(東2)
2370(東M)
2372(東1)
2395(東1)
2397(東2)
2503(東1)
2531(東1)
3002(東1)
3386(JQ)
株価
▽△
前日比
▽△
PER
▽△
PBR
▽△
利回り
▽△
572 -8
-1.38%
ー倍 13.4倍 ー%
2,623 -2
-0.08%
18.5倍 1.55倍 0.76%
142 +1
+0.71%
ー倍 2.63倍 ー%
1,601 -8
-0.50%
18.4倍 4.25倍 ー%
618 +1
+0.16%
ー倍 1.15倍 ー%
1,230 +42
+3.54%
1,732倍 18.0倍 ー%
2,432.0 +3.5
+0.14%
19.8倍 3.07倍 1.60%
1,132 -12
-1.05%
26.8倍 1.69倍 1.24%
422 +5
+1.20%
31.6倍 0.73倍 1.78%
1,142 -5
-0.44%
64.5倍 1.09倍 1.23%
アイコンの説明
…現値ストップ高
…現値ストップ安
…特別買い気配
…特別売り気配

【関連記事・情報】

再生医療について

「再生医療」は、病気やけがで失われた臓器や組織を再生させる医療を意味する。

再生医療では、ほとんどの細胞に分化できる可能性を持ち、万能細胞とも呼ばれる胚性幹細胞(ES細胞)が研究の中核を占めてきたが、京都大学の山中教授らがiPS細胞の生成に成功し、再生医療の世界に革命をもたらした。

iPS細胞は、2006年に山中伸弥教授らがマウスの体細胞から初めて作製に成功。一旦分化した細胞を未分化の状態に戻すことのできる「初期化」と呼ばれる研究成果を示し、生物学の常識を覆した。

受精卵のように人体のほぼあらゆる組織や臓器の細胞に変化できる可能性を持ちながら、ヒトの受精卵から作られるES細胞が抱えていた倫理上の問題点を解消。また、患者自身の細胞から作製できるため、ES細胞と異なり移植した臓器や組織による拒絶反応が起こらないという利点を持つ。iPS細胞においては近年、リスクとして指摘されてきたがん化を抑えるための研究も進展をみせている。

再生医療は脳損傷や認知症などへの応用も視野に、人体の欠損に対する根本的な治療法として期待が高まっている。iPS細胞やES細胞のほかに、ヒトの骨髄などに由来する「間葉系幹細胞」なども実用化に向けて開発が加速している。