ログイン
2020年12月15日 12時20分
特集

「水素」がランキング1位、国策追い風に大化けモードの関連株を輩出<注目テーマ>

★人気テーマ・ベスト10

1 水素

2 電気自動車関連

3 全固体電池

4 再生可能エネルギー

5 水素ステーション

6 デジタルトランスフォーメーション

7 リチウムイオン電池

8 国土強靱化

9 半導体

10 電気自動車充電器

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「水素 」が1位となっている。

菅政権では看板に掲げる政策骨子として行政のデジタル化推進と合わせグリーンエネルギーに重点を置いている。世界的に進む「脱炭素社会」に向けた取り組みに対応する形で2050年までに温暖化ガスの排出量を実質ゼロにする目標を掲げ、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」を視野に置きつつ、環境保全に対する積極姿勢を前面に押し出していく構えだ。そうしたなか、水素や蓄電池など脱炭素に向けた研究・開発を支援する2兆円規模の基金を創設し、最長で企業を10年間支援する計画にある。

燃焼時に二酸化炭素を出さないクリーンエネルギーである水素は、「脱炭素化の切り札」にも位置付けられており、日本が得意とする技術分野でもある。前週12日にパリ協定の採択5周年を記念する首脳級のオンライン会合が開催され、70あまりの国や地域の首脳がビデオ演説を行った。そこで、菅首相は温暖化への対応は経済成長を妨げるものではなく、大きな成長につながるとし、太陽電池やカーボンリサイクル及び水素などの技術革新を推進する方針を表明したことが伝わっている。

株式市場でも再生可能エネルギー関連銘柄は、波状的に物色の矛先が向いており、太陽光発電関連と並んで水素関連株への物色意欲は旺盛だ。中小型材料株中心に個人投資家資金を誘引し、大きく株価の居どころを変える銘柄が相次いでいる。

きょうは、総じて利益確定売りに押されているが、マーケットの注目度の高い銘柄では、岩谷産業<8088>をはじめ、三菱化工機<6331>、新日本理化<4406>、山王<3441>、那須電機鉄工<5922>、澤藤電機<6901>、エア・ウォーター<4088>、長野計器<7715>などがある。このなかで、株価が低位に位置する日理化は短時日で株価が倍化したほか、山王も直近1カ月で50%以上の上昇をみせている。また、長野計器も前週からにわかに商いが厚みを増しており、株価の値動きは荒いものの相対的に出遅れており、上値への思惑を漂わせている。

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. 騰勢拍車のEV相場に乗れ! ここから狙う「穴株セレクション8銘柄」 <株探.. (12/12)
  2. 旨味抜群の「12月株主優待銘柄」、“好実態企業”選抜で見直しリスク回避.. (12/14)
  3. 【水素】関連の銘柄一覧
  4. GoToトラベル一時停止なら、再開で追い風が吹くところは ─ 和島英樹 (12/13)
  5. 「電気自動車関連」が2位にランク、東京都は30年までに脱ガソリン車を実現へ<.. (12/10)
  6. 「非鉄」が25位にランク、EV需要にも乗り再評価機運強まる<注目テーマ> (12/14)
  7. 「株探」の歩き方 ― (33)短期売買も長期投資も、バリューもグロースも、有望.. (12/15)
  8. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 史上最高値奪回が視野に入った辛丑相場! (12/13)
  9. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 追加経済対策が強力な株価支援材料となる! (12/13)
  10. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第2弾 24社選出 <成長株特集> (12/13)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 41社選出 <成長株特集> 特集
  2. 2
    MACD【買いシグナル】低PER 13社選出 <テクニカル特集> 6月11日版 特集
  3. 3
    今朝の注目ニュース! ★マクビープラ、ハイパー、三井ハイテクなどに注目! 注目
  4. 4
    今週の【話題株ダイジェスト】 エーザイ、コーナン、大黒屋 (6月7日~11日) 注目
  5. 5
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月14日記) 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.