ログイン
米国株
2021年6月1日 12時20分
特集

「電気自動車関連」が16位、脱炭素を追い風に風雲急の気配<注目テーマ>

★人気テーマ・ベスト10

1 デジタルトランスフォーメーション

2 半導体

3 旅行

4 水素

5 半導体製造装置

6 サイバーセキュリティ

7 脱炭素

8 2021年のIPO

9 ウェアラブル端末

10 再生可能エネルギー

みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「電気自動車関連」が16位となっている。

地球温暖化防止の観点から「脱炭素 」に向けた取り組みがグローバル規模で加速している。世界的なカーボンフリーの流れを受け、400兆円ともいわれる超巨大市場を有する自動車産業も歴史的な構造変革局面を迎えているといって過言ではない。国によっての温度差もなくなりつつあり、脱炭素に向けてガソリン車から電気自動車(EV)へのシフトは中長期的にみて変化する余地のない流れとなっている。

ここトヨタ自動車<7203>が強力に投資マネーを誘引し、最高値街道を走っている。米EV大手のテスラとは時価総額で大きく差をつけられたが、最近ではテスラの株価が天井形成から調整色を強めているのとは対照的に、トヨタは海外機関投資家とみられる高水準の実需買いを原動力に上値指向を強めている。その背景には業績復元力の高さだけではなく、EV分野における経営戦略が評価されたとの見方が強い。

トヨタは30年時点でEVを含めた電動車の販売を800万台にすることを発表済み。それと並行してEV用電池の生産能力強化に傾注する構えをみせ、今期の電池分野への投資を1600億円と前期比2倍にする方針にある。EV市場の拡大が想定を上回っており、それに対応するわけだが、トヨタ以外でも国内大手自動車メーカーの電池向け投資は勢いを増している。一部報道によると日産自動車<7201>は中国系電池メーカーと連携し、国内や英国でEV用電池の新工場を建設する計画にあることが報じられている。

一方、政府も国策としてEV普及を積極的に後押しする姿勢を明示し、EVやハイブリッド車(HV)向けの急速充電器について30年をメドに現在の4倍水準である3万基まで増やす方針が伝わっている。充電インフラの拡充はEV普及では不可欠のテーマであり、足もとではそこにスポットが当たっている。現在、新車販売に占めるEVの割合は前年実績ベースで3%程度にとどまっている。しかし、それだけにEV市場の伸びしろは大きいということがいえそうだ。株式市場でも関連株物色の流れが徐々に形成され、ここにきて風雲急を告げる気配をみせている。

注目される銘柄群としては、主力どころではトヨタをはじめとする大手自動車メーカーのほか、日本電産<6594>、パナソニック<6752>、富士電機<6504>、デンソー<6902>、三井ハイテック<6966>などが代表的。また、中小型株では田中化学研究所<4080>、関東電化工業<4047>、ニッポン高度紙工業<3891>、戸田工業<4100>、新日本電工<5563>、大泉製作所<6618>、ダブル・スコープ<6619>、三社電機製作所<6882>、ニチコン<6996>などが挙げられる。

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. 「業績急回復&超割安」、夏高へエンジン全開の新波動株セレクション <株探ト.. (05/31)
  2. 「水素ステーション」が21位にランク、成長戦略で拠点を大幅拡充と伝わる<注目.. (05/31)
  3. 【電気自動車】関連の銘柄一覧
  4. 「洋上風力発電」が23位、改正地球温暖化対策推進法成立で改めて脚光<注目テー.. (05/28)
  5. 今期活躍期待の【連続最高益】銘柄リスト〔第3弾〕28社選出 <成長株特集> (05/30)
  6. 最高益上乗せ・増配企業で、株価過熱と押し目の見極めは ─ 和島英樹 (05/30)
  7. 馬渕治好氏【日経平均急騰後に思惑交錯、どうなる6月相場】(2) <相場観特集> (05/31)
  8. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 外国人の買い攻勢を業績好調株で先取り! (05/30)
  9. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 日本株出番のタイミングが迫る! (05/30)
  10. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (5月28日現在)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月5日発表分) 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (08月05日) 注目
  3. 3
    明日の株式相場に向けて=怒涛の海運と復権狙う半導体 市況
  4. 4
    エヌビディアに売り 英政府がアーム買収計画阻止を検討と伝わる=米国株個別速報 材料
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):郵船、ユニチャーム、楽天グループ 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.